あなたはわが子に話させていますか?

 ここ10年、子供の言語能力が低下してきています。こんなに町には言葉があふれ、外国からもどんどんと新しい言葉が入って来ては日本語として受け入れられている今日、どうして「子供の言葉」は赤信号なのでしょうか。ここでちょっと3歳児のご家庭をのぞいてみることにしましょう。

 
腕白坊主のさとる君、幼稚園の年少さんです。今日も朝からマンションの公園で、ご近所のお友達と一緒に遊んでいます。お昼ご飯の仕度をするために、一足先に帰ってきたお母様は、そろそろ帰ってくるであろうさとる君を待っています。
さとる:「ママー、ただいまー!!」
ママ: 「さとるちゃん、おかえりなさーい。」
さとる:(何か言いかけると)
ママ: 「わー、すごわねえ、手も足もどろんこじゃなあい。どうしたのー?」
さとる:「あの(と話そうとすると)」
ママ:「わかった!ママが帰った後で、けんちゃんとお砂場にお水をいれたんでしょー。ね、そうでしょ。」
さとる:「うん、それで(と続けようとすると)」
ママ: 「そりゃあ、楽しかったでしょ。ママ知ってたんだから。けんちゃんのママと、きっといつかあの子達、ママ達の目を盗んでお砂場にお水をいれるなって。それが今日だってことねえ。きっとけんちゃんママも苦笑いしてるわよ。他に誰が一緒だったの?」
さとる:「えーっと・・・(と考え始めると)」
ママ: 「むー、ゆみちゃんとたーくん!どう、あたり?」
さとる:「うん、あたり!(とこれから説明をしようとすると)」
ママ: 「さ、そこで待っててね。お雑巾をとってくるから。」
さとる:「ママ、ぼくね(と言いかけると)」
ママ:「のどが渇いたんでしょ。むぎ茶が冷えてるから。」とお母様は洗面所に消えていきます。さとるくんは玄関で立って、お母様を待つのです。

 いかがですか?思い当たる節はありませんか?
最近は子供に対してまわりの大人の目が行き届き、子供は何も言わなくても、何もしなくても、何でもまわりが解決してくれます。外から汗びっしょりで帰ってくると、さっとタオルが出てきて、ぱっぱとシャワーをさせてくれる。何も言わなくても、着替えて出てくると、テーブルの上には冷えたむぎ茶。たまにするケンカも、いちいち説明をすなくても、情報通のママが、日頃のお友達の様子からいろいろと想像してくれて、何か言う前に「真相」を見つけてくれる。これでは、子供の言葉、表現力は伸びるわけはありません。

 それでも、子供は年齢とともに言語能力を発達させていきます。
しかし、日頃から「一生懸命に」話す習慣がついていないため、また一生懸命に話さなくても、お父さんやお母さんが十分に手伝ってくれて理解してくれるので、自然と今の子供達の言葉は、「単語化」していくのです。

 私:「○○ちゃん、昨日の日曜日は、どこかにお出かけをしたの?」
 ○○ちゃん:「うん、海。」
 私:「そう、良かったわねえ。昨日はお天気も良かったから、楽しかったでしょう。誰と一緒に行った の?」
 ○○ちゃん:「パパ。」
 私:「電車で?」
 ○○ちゃん:「ちがう。」
 私:「じゃあ、パパが運転をされて車で行ったのかな?」
 ○○ちゃん:「そう。」

 まあ、こんなに極端なお子様も少ないですが、案外ほとんどのお子様が(これが5、6歳児の場合でも)このように「文章としては応えられない」のです。本来、とつとつだったとしても、「きのうね、パパとー、くるまでねえ、いったんだよ、うみにー」という具合に2歳児くらいでも話す能力は育たなければなりません。
 この慌ただしい現代です。何でもかんでもスピード化。まどろっこしい子供の話を、じっと待つのは確かに骨の折れるものです。しかし、子供自身にしっかりと話させないと、いつまでたっても「ポツポツしゃべり」しか出来ない子供になりますよ。
 ほら、昔、英語の練習をした頃のことを思い出してみてください。
Do you have a pen?  Yes. I have a pen. What's this? It's a pencil. How old are you? I'm 13. 
 いかがでしたか?読んだり、聞いたりしていたら、ちゃんと意味も理解できるのに、いざ先生にたずねられ、答えようとすると、すらすらとは出てこない・・こんな経験があったのではありませんか?
 




 それから「言葉」についてもう一つ。
言語の著しい乱れが問題になる現代です。中でも、女子高生の言葉の乱れ方は確かに世紀末を感じます。
しかし、それを時代のせい、世の中のせい、テレビやマスコミのせいにだけして、頭を抱え、耳をふさいでいるだけではどうにもなりません。しかし、あんなにひどい言葉を話している女子高生でも、友達同士やリラックスしてそのように話すことも許されている家庭以外では、以外ときちんと敬語を使って、場をわきまえて話すことの出来る子達もいるのです。しかし、そういう女子高生達は、もっともっと幼い頃から、徹底的に家庭や学校で「言葉の大切さ、言葉は心のあらわれ」と教育された子供達なのです。
 きちんとした言葉は、幼い頃からのきちんとした家庭教育、教育環境の中で育ちます。 

 言語能力とは、聞いて(読んで)理解する能力と、考えたこと、感じたことを話す能力にわかれます。そして、「人と人が理解しあうため」の手段である言語能力を育てなければ、要するに「人と人とのつながり」に支障がある、ということなのです。

 人が「考える」ために使うのも「言葉」です。「理解し合う」ために使うのも「言葉」です。さあ、お手本であるお父様、お母様がたくさんのことお子様相手に話してあげて、じっくりとお子様のお話を聞いてあげましょう。少しでもたくさんのことが表現できるよに、ボキャブラリーの数を増やしてあげましょう。そして、いつまでも「幼児語がかわいい!」とそのままにしないで、年齢とともに正確な日本語を教えてあげましょう。
まどか先生の育児相談室 index